タカネトンボ

Somatochlora uchidai


タカネトンボと聞いてピンとくる人はそう多くはないだろう。 高嶺という名に反して結構標高の低い所にも分布しているし、場所によっては個人の庭にやってくるということもあるという。 それでもなお彼らがメジャーになれないのは、一般的なトンボのイメージとは違う、薄暗い池を好むことに理由があるのだろうか。 この写真はアンダー気味になってしまったのでエゾトンボ科の特徴であるメタリックグリーンこそ出なかったが、少しブレたことが効果的に働いてタカネトンボらしい雰囲気が撮れたと思う。 英名はEmerald。 仄暗い森の中、その瞳は怪しい輝きを放つ。

2005年月11日 長野県諏訪郡 EOS20D EF100mmMacroUSM 1/125 f5.6 ストロボ ISO100



Copylight©2008- spatica. All rights reserved.