セイヨウミツバチ

セイヨウミツバチ

Apis mellifera


春一番から活動し始める昆虫というのにはどうしても目が行く。 中でもミツバチは動きが早くサイズも小さいので、冬の間になまった感覚を取り戻す練習には最適な相手だ。 もっとも私は動きものの撮影は苦手。 ワンシーズンに撮れるミツバチのまともなカットは片手で足りる位だから、こちらがチャレンジさせてもらっていると言った方が正しいのかもしれない。 うららかな春の日差しの中、ウメに集まるミツバチやテングチョウを相手に転げまわるのが最近の春の過ごし方である。

2005年4月9日 長野県諏訪郡 EOS20D EF100mmf2.8MacroUSM 1/250 f8 ストロボ ISO100



Copylight©2008-spatica All rights reserved