ミンミンゼミ

ミンミンゼミ

Oncotympana maculaticollis


羽化は昆虫を象徴する瞬間だ。数ある他の生物でも、この羽化という瞬間を共有するものはない。 また、翅が生えることによって、あるいは成虫の姿になることによって、その虫生活様式はガラリと変わる。 それゆえ羽化というものは非常にドラスティックな変化を垣間見る刻でもある。 だがその一方で、羽化の最中は体も柔らかく、動くこともできないから、当の本人にとっては非常に危険な時間帯ともいえる。 だから昆虫の羽化は日没後、あるいは早朝といった時間帯に集中し、観察も容易ではない。
セミ類の羽化はそうした中でも比較的観察しやすいものだ。 あの茶色いゴツゴツした幼虫の中から薄緑色をした成虫が出てくるというのも分かりやすいし、お手軽に感動できることうけあいである。 ヤブカに刺されないようしっかりと虫よけを塗ってから、夕涼みがてらにセミを探してみるというのもまたオツなものである。

2005年8月22日 長野県諏訪郡 EOS20D EF100mmMacroUSM 1/250 f9.0 ストロボ ISO100



Copylight©2008-spatica All rights reserved