ニイニイゼミ

ニイニイゼミ

Platypleura kaempferi


その年初めてのニイニイゼミの声を聞く度に、もうそんな時期になったのかと感じる。
季節感をどのような形で感じるかは人によって異なるだろうが、私にとって夏を強烈に感じさせてくれるのはこのセミの声だ。
あの脳髄の奥にまで浸透してきそうな"チィー…"という声があれほど心地よく聞こえるのは何故だろうか。
小学生の頃、山梨まで父親にクワガタ採りに連れて行ってもらった。
現地に着いて車のドアを開けると、諏訪の空気とは明らかに違うムワッとした空気が体にまとわりつき、森全体から響いてくるようなニイニイゼミの声に包みこまれる。
あの時感じた、なんとも言えない陶酔感。
今だってそれは変わらない。
初夏になって、夕暮れの雑木林へと向かう。
そこで私を迎えてくれるのは、あの懐かしい空気と、無数のニイニイゼミが奏でる唄なのである。

2005年7月18日 山梨県北杜市 EOS20D EF100mmf2.8MacroUSM 1/160 f2.8 ストロボ ISO100



Copylight©2008-spatica All rights reserved