メスグロヒョウモン

メスグロヒョウモン

Damora sagana liane


「昔の安曇野が残っている場所があるから行ってみない?」知人にそう言われたのはクロシジミの撮影をしてひと段落ついた頃合いだった。
昔の安曇野と言われてもピンとこなかったが、自分の知りえない部分であったので興味が湧く。
十八番の安請け合いをして案内してもらった場所は、立派な道路から少し入った田んぼの脇。
猫の額ばかりの狭い範囲には詰め合されたかのようにシモツケソウやクガイソウ、ナンテンハギが密集して咲き、周囲には沢山のヒメシジミやヒョウモン類が舞う。
時折新鮮なアサマシジミもごく当然のように姿を見せた。
以前の安曇野、いや日本のどこにでもあったであろう風景。いつの間にか消え去り、自分の記憶には存在しない風景。
目の前の光景に感動しながらも、頭の片隅ではかつての里山へと思いを巡らせていた。

2007年7月3日 長野県北安曇郡 EOS5D EF100mmMacroUSM 1/500 f2.8 ISO200



Copylight©2008-spatica All rights reserved